養護教諭日記✴︎親や先生とは違う,保健室の先生だからこそを考えたい

先日の保健室でのお話。

 

保健室登校のNちゃんが

おじいちゃんと一緒に登校してきました✨

 

体育大会を見るために遠方から来られていたおじいちゃま

 

 

Nちゃんを送ってきた後は、近くの寺院やに公園をお散歩して

 

弟くんのお迎えに幼稚園へ行く予定だったそう

 

 

しかし、Nちゃんは保健室に着くなり

 

これ見て!

 

あれ見て!

 

一緒に来てー‼︎

 

と連発😳

 

 

結局午前中はずっとNちゃんの話を聞いたり授業を見にいったり,存分に思いを受け止めてくれていました😌✨

 

f:id:yui621126iuy:20171105165300j:image

 

 

自分のこと

頑張ってること

 

いっぱいいっぱい見てもらって

認めてもらうことがなにより今は大事なんだな

 

とその姿から感じ

 

そうやってたくさん褒めてもらう経験を積み重ねて

 

自分でも自分を認められるようになっていけたらいいな〜

 

 

f:id:yui621126iuy:20171105165606j:image

 

 

と思っていたとき

弟くんのお迎えの時間になり

お見送り...

 

 

すると

Nちゃんは

 

「帰りたいーー‼︎」

「ママに電話するー‼︎」

 

と涙目に(;_;)

 

 

f:id:yui621126iuy:20171105165707j:image 

 

 

 

担任の先生にも相談しないと...

と話していると

 

「先生絶対ダメってゆうもん‼︎」

 

と自分で電話をかけに走り出すNちゃん

 

 

 

後から聞くと

 

弟くんを迎えにいった帰りに

おじいちゃんと弟くんとお母さんで

お昼ご飯を食べに行く予定だったそうで

 

自分も一緒に行きたい‼︎

 

と思っていたようです。

 

 

なんて可愛らしいんだろう😌✨

すごい葛藤があったんだろうな

 

と思っていたのですが

 

 

 

「こんなん思うNだめやなぁ」

 

Nちゃんはポツリとこう言いました。

 

 

そうか...

Nちゃんは

 

自分も一緒にランチしたい‼︎

 

という思いだけでなく

 

こんな風に思っちゃう自分なんてダメだ

 

という思いとも闘っていたのか。

 

 

f:id:yui621126iuy:20171105165930j:image

 

 

両親や先生からの評価を

周りの友達からの目を

すごくすごく気にして過ごしてきた

Nちゃん

 

 

人からの評価が基準になってしまって

 

どんどん苦しくなってきたんだなと

改めて感じた言葉でした

 

 

 

親でもない

先生だけど

評価するわけでもない

 

でもどこか近い存在の

保健室の先生

 

だからこそ

 

Nちゃんの思いを大切に

そこから出した答えや行動を

そのままに受け止めていきたい

 

 

f:id:yui621126iuy:20171105172301p:image

 

いっぱいいっぱい

 

いいんだよ

 

って伝えたい。

 

 

 

 

明日から学校で会えるのが楽しみです◟̆◞̆୨୧˖

 

 

 

 👇ポチッとしていただけると嬉しいです👇

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

私の奮闘の日々を綴った

養護教諭日記です👇

 

yui621126iuy.hatenablog.com

 

 

yui621126iuy.hatenablog.com

 

 

yui621126iuy.hatenablog.com