見えないものを信じる力〜カウンセラーさんに聞いた子どもの発達のお話〜

うまれてすぐの赤ちゃんは

 

お母さんの助けなしには生きていくことができません。

 

 f:id:yui621126iuy:20171111193021j:image

 

 

泣いたらおむつを換えてくれるし
ごはんを食べさせてもらえる
 
 

 

赤ちゃんにとってお母さんは

 

不快

 

に変えてくれる存在であり

 

自分の一部のような存在

 

なのだそう。

 

f:id:yui621126iuy:20171111193049j:image

 

この状態は

 

「母子一体」

 

という状態

 

 

この状態から子どもは母親から離れて自立の道を歩み始めるわけです。

 

 

今までお母さんが全てを助けてくれた

 

 

でも少しずつ自分の足で立ち

 

歩くようになる

 

 

とっても自然なこと。

 

f:id:yui621126iuy:20171111193409j:image

 

 

 

なのですが、このときお母さんから離れることを不安に感じる子もいます

 

 

 

そんなときに子どもを支えるものとして

 

 

愛着のあるぬいぐるみや

 

 

f:id:yui621126iuy:20171111193507j:image

 

タオルやブランケットなど

 

 

 

不安を慰めてくれるもの

 

安心感を与えてくれるもの

 

(移行対象と呼ぶそう)

 

 

の存在がよく登場します。

 

 

ライナスの毛布

 

と聞くとピンとくる方もいらっしゃるかもしれません✨

 

 

 

お母さんの代わりにずっと一緒にいてくれるもの

 

 

自分の外側にあるんだけど

自分の分身のようなもの

 

 f:id:yui621126iuy:20171111193936j:image

 

私もずーっとクッタクタのネコのぬいぐるみを抱っこしてました😁

 

 

そうやって特別な"モノ"を支えにして乗り越えていくわけですが

 

 

この移行対象は

 

発展していくのだそう

 

 

 

その"モノ"から安心感を得る時期があったり

 

お母さんや友達などとの関係性でも安心感を感じられるようになったり

 

 

 

そうやって

 

見えないものを信じる力

 

につながるそうです◟̆◞̆୨୧˖

 

 

 

そこには大きな大きな発展があると思うので

 

そのあたりも詳しく勉強したいなと思っているところなのですが...

 

 

学校カウンセラーの先生からお話をうかがいながら

 

 

子どもにとって

 

 お母さんがいなくても

 

大丈夫って思えることって

 

すごーく大事なことだな

 

って感じたんです😌✨

 

 

 f:id:yui621126iuy:20171111202811j:image

 

その

 

大丈夫

 

の根元になるものは

 

 

きっとお母さん(お父さん)からの愛情

 

 

 f:id:yui621126iuy:20171111202647j:image

 

 

お母さん(お父さん)が子ども自身の力を信じること

 

 

じゃないかなーって✨

 

 

 

そうやって

 

目には見えない

人からの愛情だったり

 

信頼だったり

 

 

自分自身の

自信だったり

 

可能性だったり

 

 

を信じることができるんじゃないかな◟̆◞̆୨୧˖

 

 

あくまで、私が思うに✨ですが😁

 

 

とっても大切なことを学ばせてもらって

 

もっともっと

 

子どものこと

発達のこと

心のこと

 

勉強したい私なのでした✨

 

 

👇 応援のポチお願いします 👇

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

 

 

子どもとの関わり

 

自分のことを綴った

 

養護教諭日記はこちら💁

 

yui621126iuy.hatenablog.com

yui621126iuy.hatenablog.com

yui621126iuy.hatenablog.com

yui621126iuy.hatenablog.com